セブ島留学の豆知識

セブ島留学の情報が盛りだくさん!

セブ島留学の仕組みをご紹介

セブ島留学の仕組みをご紹介 フィリピンの中でもセブ島は留学に適した土地として知られています。
その仕組みは取り扱っている業者にとって異なりますが、最近人気となっているのがマンツーマンレッスンです。
フィリピンは全般的に英語教育に力を注いでいることで知られている国です。
アジアの国としては異例なほどに外国との交流が盛んであり、その中で標準的な英語が培われていきました。
非常にレベルの高い英語を学ぶことが出来ます。
英語人口の多さは欧米に匹敵します。
その優れた英語教育を格安の費用で受けられるのがフィリピンの魅力です。
セブ島には日本からだけでなく、ヨーロッパ各国からも留学生が訪れます。
そのため、留学生が学びやすい仕組みが整えられています。
スクールによっては1日7時間程度学ぶことが出来ます。
また、セブ島はリゾートとしても高い人気があるため、勉強の合間には遊ぶことも出来ます。
勉強とプライベートの両方を充実させて過ごせることも人気の理由となっています。

セブ島留学の学校の選び方

セブ島留学の学校の選び方 留学先として人気が高まっていることから、フィリピンのセブ島には数多くの学校が存在します。
学校選びに失敗して後悔しないためにも、留学を決める前に選び方のポイントを押さえておきましょう。
まず最初に、自分がどんなタイプの学校で学びたいのかということから考えます。
セブ島には、寮やジムなども併設したキャンパスタイプ、大都市など多いビルタイプ、フィリピンならではのリゾートタイプなどがあります。
また、自由時間の少ないスパルタ式や観光も兼ねたリゾート式など、学び方のスタイルも様々です。
格安料金でマンツーマンレッスンを受けられることも、セブ島を含むフィリピン留学の大きな魅力となっています。
マンツーマンレッスンを希望する場合には、どんなカリキュラムが組まれているのかきちんと確認したうえで、マンツーマンレッスンが多いコースを選ぶようにするとよいです。
以上のことを参考に、自分の目標や希望の留学スタイルに合わせて、最適な学校を選ぶようにしましょう。

新着情報

◎2017/8/17

留学の仕組み
の情報を更新しました。

◎2017/6/19

セブ島留学に向け準備する事
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「留学 仕組み」
に関連するツイート
Twitter

フォースバレー、外国人留学生の授業料減免 大学・企業と連携:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…まず武蔵野大学と連携し、アジアからの留学生を2018年春から受け入れる予定。就職まで視野に入れた留学生の受け入れの仕組みは珍しいという。

Twitter gorinotsukudani gorinotsukudani - 15分前

リツイート 返信

「仕送りを待つ家族の為に、飲食店で懸命にアルバイトをする日本語学校の留学生の姿が描かれています。日本に来るために借金まで背負い、仕事に追われ、日本...自分には関係ない世界にいるように見えるけれど、宅配やコンビニなどで働いている留学生がいるから、我々は便利なサービスを受けることができる。その辺りの仕組みや...

>「自分には関係ない世界にいるように見えるけれど、宅配やコンビニなどで働いている留学生がいるから、我々は便利なサービスを受けることができる。その辺りの仕組みや、社会的構造の中に外国人がかなり入り込んでいるということを知ってもらいたい。」 ほんこれ。😕

Twitter pelicanmemo ぺりかんめも - 昨日 17:43

3RT リツイート 返信

「自分には関係ない世界にいるように見えるけれど、宅配やコンビニなどで働いている留学生がいるから、我々は便利なサービスを受けることができる。その辺りの仕組みや、社会的構造の中に外国人がかなり入り込んでいるということを知ってもらいたい」 news.yahoo.co.jp/byline/tanakai…

Twitter kodomo_nihongo YSCグローバル・スクール - 昨日 17:28

13RT リツイート 返信

留学情報】韓国のカラオケは日本とスタイルが違います。一人ではなく、一部屋いくらという仕組みが殆どです。故に大勢で行くほうがお得!ちなみに簡易的な、2人程度しか入れない狭い個室で、お金をいれたら何曲歌えるというインスタントなカラオケ?もあります。そこもオススメ!笑

Twitter samuku39 日韓交流企画「サムク」 - 昨日 9:00

リツイート 返信

欧州留学中の陸奥は、内閣制度の仕組みはどのようなものか、議会はどのように運営されているのか、民主政治の先進国イギリスが、長い年月をかけて生み出した知識と知恵の数々を吸収した。ウィーンではシュタインの国家学を学んだ。

Twitter MUTSU1897 陸奥宗光 - 昨日 1:52

リツイート 返信

明治16(1883)年、特赦によって出獄を許され、伊藤博文の勧めもあってヨーロッパに留学する。明治17(1884)年にロンドンに到着した陸奥は、西洋近代社会の仕組みを知るために猛勉強した。ロンドンで陸奥が書いたノートが今も7冊残されている。

Twitter MUTSU1897 陸奥宗光 - 昨日 1:22

リツイート 返信

【広域暴力団「霞ヶ関」】bit.ly/1cSi6d7 日本の官僚は、金融検察を中心にアメリカに留学し染脳された者だけが出世できる仕組みが実質完成。その結果日本の官僚はアメリカ政府の下部機関として機能。アメリカンマフィアの手先の官僚支配構造を見ぬく必要がある

Twitter LandAiai きっぺさん - 10/20(金) 8:05

リツイート 返信

@g_ssk82 そうそう。あと学位がとれればさらに1年間働き続けられるOPTという仕組みがあって、労働ビザを発行しなくてもインターンさせられるから、留学生を採用したい企業はそれを使うのを勧めてる気がする

Twitter _adsaki Y.Iwasaki 磐崎友玖 - 10/20(金) 4:36

リツイート 返信

欧州留学中の陸奥は、内閣制度の仕組みはどのようなものか、議会はどのように運営されているのか、民主政治の先進国イギリスが、長い年月をかけて生み出した知識と知恵の数々を吸収した。ウィーンではシュタインの国家学を学んだ。